ばら 薔薇

林 武はやし たけし  (Takeshi Hayashi)

文化勲章・芸術院会員・独立美術協会創立

紙・ガッシュ パステル インク・額装   東京美術倶楽部鑑定証  
画寸(縦x横): 9.1 x 17.1 cm
額.軸寸(縦x横x厚): 27.6 x 36.0 x 6.3 cm
作品状態:良好

  • 販売中
数量
在庫数: 1

¥ 900,000 (税込)

加算ポイント:41,667pt

林 武1896年(明治29年)~1975年(昭和50年)

経歴

1896年 12月10日、東京都麹町区上二番町15番地に6人兄弟の末子として生まれる。父・甕臣(みかおみ)は国語学者、祖父・甕雄(みかお)は歌人、曽祖父・国雄(くにお)は水戸派の国学者であった。
1909年 牛込区余丁町小学校を卒業。
1917年 新聞や牛乳の配達、ペンキ絵を描くなどして生計を立て、画家を志す。
1920年 日本美術学校に入学するが、翌年には中退する。
1921年 第8回二科展にて初入選し、樗牛賞を受ける。渡辺幹子と結婚。
1922年 妻幹子をモデルにした『本を持てる婦人像』を制作。
1923年 関東大震災被災のため、神戸に移住する。
1928年 『横たわれる女』制作。
1930年 二科会を脱退。独立美術協会を創立する。『裸婦』を制作。
1934年 3月、渡欧。パリ、ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツ、スペインを訪れる。『コワヒューズ』を制作。
1937年 7月、松坂屋にて滞欧作展を開く。
1938年 『室戸岬風景』を制作。
1940年 皇紀2600年奉祝美術展覧会に『肖像』を出品。
1942年 『静物』を制作。
1946年 『うつむき女』を制作。
1948年 『静物』を制作。この年から坂上星女をモデルにした連作を描き始める。
1949年 『梳る(くしけずる)女』、『静物(鯖)』を制作。第1回毎日美術賞を受ける。
1952年 安井曾太郎の後任として、東京芸術大学美術学部教授に就任。
1956年 『伏目の女』で現代日本美術展大衆賞を受ける。『卓上花』、『月ヶ瀬』を制作。
1957年 『赤衣の婦人』を制作。
1958年 日本橋髙島屋において180点出品の大規模な回顧展を開く。『熱海風景』を制作。
1960年 5月、フランスに渡欧。『薔薇』、『ノートルダム』、『エッフェル塔』など、23点を制作。
1961年 9月、髙島屋において滞欧作展開催。美術出版社よりそれまでの自身の画業を集大成した画集が出版される。
1963年 週刊誌の表紙のため『少女』を制作。12月、東京芸術大学教授を定年退職し、牛島憲之に教授職を託す。渋谷区に居を移す。
1964年 富士山を描き始める。再び妻をモデルにした『三味線』を制作。
1965年 自身の生い立ちと芸術論を述べた初めての著書『美に生きる-私の体験的絵画論』を講談社より出版。薔薇の連作を始め、『花』を制作。
1966年 『滝富士』、『海』、『裸婦』を制作。
1967年 『赤富士』を制作。第37回朝日賞受賞。11月、文化勲章受章。
1968年 富士山と並行して、波打ち際の怒涛を題材にした連作を手がける。週刊朝日の依頼により銀座の街頭を描く。
1969年 『ばら』、『怒涛』、『花帽子の女』を制作。
1971年 国語問題協議会会長に就任。正かなづかいの復権を訴えた著書『国語の建設』を講談社より出版。
1973年 『少女』を制作。
1974年 前々年から展覧会に旧作を多数出品。
1975年 3月29日、慈恵会医科大学付属病院に入院。6月23日、肝臓癌のため死去。行年79歳。病床で描いた『薔薇』が絶筆となった。没後、従三位叙勲。
6月28日、野口弥太郎が葬儀委員長を務め、葬儀が営まれる。
受賞歴
1921年 第8回二科展 樗牛賞受賞。
1922年 第9回二科展 二科賞受賞。
1949年 第1回毎日美術賞受賞。
1956年 第2回現代美術展 大衆賞受賞。
1959年 第15回日本芸術院賞受賞。
1967年 第17回朝日賞受賞、文化勲章受章。
1975年 従三位叙勲、銀杯一組を受賜。
代表作品
『裸婦』(1930年) 兵庫県立美術館。
『鰯と人参』(1930年) 倉吉博物館 。
『コワヒューズ』(1935年) 東京国立近代美術館。
『裸婦』(1935年) 東京藝術大学大学美術館。
『梳る女』(1949年) 大原美術館。
『星女嬢』(1950年) 宮城県美術館。
『十和田湖』(1953年) 国立公園協会。
『ノートルダム』(1960年) 愛知県美術館。
『赤富士』(1967年) 箱根彫刻の森美術館。
『薔薇』(1971年) セキ美術館。

お知らせ
  • 無料会員登録すると5,000円分のポイント進呈!

    2019/03/20

    画像

    会員登録するといつでも使えるポイントを5000円分進呈!さらに作品購入で5%のポイント還元! 会員特別価格、新着情報などのご案内をいたします。

  • 新着作品のご案内

    2019/03/22

    画像

    池田遥邨「祇園の桜」、上村松園「序の舞」

ギャラリーご案内

営業時間

10:00〜18:00
(休日:土・日・祝日)

お問い合わせ

0120-88-56360120-88-5636

アクセス

東京都新宿区新宿3-8-9
平生ビル8階

■JR新宿駅 東口 徒歩6分
■丸ノ内線/都営新宿線/副都心線
 新宿3丁目駅 C5 出口前

map
画像

作品を実際に見てお選びいただけます。ギャラリーにお越しくださいませ。事前にご連絡いただければ土日も開廊致します。

検索ガイド

作品検索

作品名を検索、作家名、カテゴリー、種類、イメージタイプ、価格帯、横幅(額.軸.本体)、高さ(額.軸.本体)、号数(相当)、販売状況、キーワード検索、組み合わせで検索することができます。
カテゴリーのみ、価格帯のみ、を条件にして検索することもできます。

作品名を検索

入力した文字が含まれる作品名の検索ができます。
(例)「春」を入力すると「春日」「長春花」など作品名に「春」が含まれる作品が検索できます。

作家名

該当作家の作品リストが表示されます。

カテゴリー

[日本画] [掛軸] [洋画] [彫刻] [工芸品] [その他] の分類で検索できます。
*書については、額装してあるものは日本画に、軸装のものは掛軸に分類しています。

種類

[本画] [版画] [複製画] の分類で検索できます。
*本画 - 作家自身が自筆で描いた1点もの。
*版画 - 原画をもとに版を作り、限定数を決めて制作されたもの。
*複製画 - 印刷やプリンターなどの技術を用いて制作されたもの。

イメージタイプ

[風景] [人物] [鳥] [花・植物]などのモチーフやテーマで検索できます。

価格帯

ご希望の予算に応じてお買い求めいただける作品を検索できます。

横幅(額.軸.本体)

作品自体のサイズではなく、額や軸、彫刻などの全体のサイズから作品を検索できます。
*お部屋に飾る際の参考にしてください。

高さ (額.軸.本体)

作品自体のサイズではなく、額や軸、彫刻などの全体のサイズから作品を検索できます。

号(相当)

号相当の画寸より作品を検索できます。

販売状況

[販売中] [売約済] [取り寄せ] [制作依頼] で 検索できます。
*お届けまでの日数は、 [販売中] は 1週間程度、[取り寄せ] は2週間程度、 [制作依頼] は1か月程度を目安にしてください。

用語解説

木版(凸版)

凸版形式を代表する最も古くから使われている技法。
版木の種類により、板目木版と木口木版画ある。
さらに浮世絵に代表される多色刷木版がある。

リトグラフ(平版)

石版画。石灰石や金属板に油性の解墨・鉛筆などで絵を描き、その上から滑石粉末を撒布し更に少量の硝酸を加えたアラビアゴム液を塗ると絵が浮き出て、それを紙に写しとる技法。

エッチング(凹版)

銅版画法の一種で、一番古い間接的凹版。
銅板の表面を松脂と蠟の混合物で作った耐酸性の防触剤で覆い、その上に彫刻針で絵を描き、銅板の裏側と、へりに耐酸性の蠟を塗って硝酸に浸して版を作る。

シルクスクリーン(孔版)

木枠に張った絹またはナイロンの上にフィルムを張り付けたり、絹に観光液を塗布して写真を投影してからスクィジーでインクを定着させる技法。
紙のほかガラス、金属などにも印刷できる。
最近ではセリグラフと伝われている。

ジークレー

デジタル・リトグラフとも言われ、最新のコンピュータ技術を使った技法。
ジークレーはフランス語で「インクの吹き付け」を意味し、スキャナーで読み取った原画をインクジェットプリンターで版画用紙にインクを吹き付けることで再現する。
細密性、保存性に優れている。

エスタンプ

原画を刻り師が模刻した「複製版画」で、版画独自の価値を表現するために作家自らが製版したオリジナル版画とは区別される。

エディション

完成した原版で刷った部数。
10/50のように、分母に限定部数、分子に一連の当該番号を記入し、画面の左下に表示するのが普通である。
その他に、
A.P(Artist proof)作家用(約25部)
P.P(Present proof)贈呈用(約20部)
H.C(Hors Commerce)非売用(約5部)
などがある。

紙本/絹本

紙本とは紙に描かれたもの、絹本とは絹に描かれたものを指す。